経営情報論 ( 大槻 明)

講義開講時期 曜日・時限 単位 担当者名 シラバス
通年 火 3限 4 大槻 明 シラバスを見る
授業の目標

・身近な問題を経営学の視点からとらえることができるようになる. ・経営戦略と情報処理技術を関連付けて説明できるようになる. ・経営情報システムが実際に企業等でどのように活用されているかについて理解することができる. ・ビジネスモデルや財務戦略を関連付けて経営戦略を考察できるようになる. ・ビッグデータの概要や変遷について学び,ビッグデータの要素技術について説明できるようになる. ・経営情報におけるビッグデータの活用事例について理解することができる.

授業概要

現代の企業経営では情報システムの効果的な活用が不可欠です.また,SNSやセンサーデータなどのビッグデータを企業戦略等に活かすことが重要となっています. ゆえに,前期では経営学の基礎を学び,経営情報に必要な情報処理技術基礎について学んだ後、ケーススタディ講演会などを通じて,経営情報システムが実際の企業等でどのように活用されているかについて学びます. 後期では,ビジネスモデル,経営戦略,財務戦略等について学んだ後で,ビッグデータの変遷や要素技術等について学びます.その後に,ケーススタディ講演会などを通じて,現在ビッグデータが経営にどのように活かされているのかについて学びます.

授業計画
  • 第1回 ガイダンス
  • 第2回 企業について1
  • 第3回 企業について2
  • 第4回 経営学基礎1
  • 第5回 経営学基礎2
  • 第6回 経営学基礎3
  • 第7回 経営学基礎4(アクティブラーニング)
  • 第8回 経営学基礎5
  • 第9回 情報処理技術1
  • 第10回 情報処理技術2
  • 第11回 IT戦略1
  • 第12回 IT戦略2
  • 第13回 経営情報システムケーススタディ1
  • 第14回 中間のまとめ
  • 第15回 システム開発1
  • 第16回 システム開発2
  • 第17回 プロジェクトマネジメント1
  • 第18回 プロジェクトマネジメント2
  • 第19回 システム監査,ITガバナンス
  • 第20回 経営学応用1(アクティブラーニング)
  • 第21回 経営学応用2(アクティブラーニング)
  • 第22回 財務戦略
  • 第23回 経営情報とビッグデータ1
  • 第24回 経営情報とビッグデータ2
  • 第25回 経営情報とビッグデータ3
  • 第26回 経営情報とビッグデータ4
  • 第27回 経営情報とビッグデータ5
  • 第28回 ビッグデータケーススタディ1
  • 第29回 ビッグデータケーススタディ2
  • 第30回 理解度の確認及びビッグデータケーススタディの振り返り
評価方法
種類 割合
定期試験 30%
レポート 30%
小テスト 20%
授業への参画度 20%
評価の特記事項

・講義態度(出席)は,教室に座っている事では無く授業内容の理解度で評価します。 ・毎回の授業の理解度を測るための課題(レポート)を課します。 ・連続欠席は単位放棄とみなします。

テキスト

授業の中で適宜指示します。

参考文献

必要があれば授業の中で適宜紹介します。

授業形式 基本は講義形式(座学)で進めますが,学びを深めるために,座学で学んだことを演習形式で実践するアクティブラーニングについても積極的に取り入れます。
オフィスアワー(授業相談) ・日時:水曜日の3時限 ・場所:日本大学経済学部8号館3-24 ・注意事項:事前にアポイントを取り,指示された時間帯に上記の場所まで来てください。
事前学習の内容など,学生へのメッセージ ・授業計画は目安であり、受講者の理解度や興味等により随時変更する場合があります。 ・履修学生の習熟度により,シラバス内容を随時変更することがあります。 ・授業の理解度を測るため、課題に加えて前期試験(小テスト)を行います。
レビュー
レビューを書く・見るためには会員登録が必要です。

レビューを書く・もっと見る

人気授業
この授業と近い条件の授業