マクロ経済学Ⅰ(再) ( 児玉 直美)

講義開講時期 曜日・時限 単位 担当者名 シラバス
前期 月 6・火6限 4 児玉 直美 シラバスを見る
授業の目標

「マクロ経済学Ⅰ」では,一国の経済活動の決定要因と経済政策の基礎理論を中心に説明を行う。この講義では,現実のマクロ経済現象を読み解くマクロ経済学の構造を理解するため,最低限必要な「基礎知識」,「経済学の考え方」,「分析手法」を習得することが目標となる。

授業概要

マクロ経済学Ⅰの講義範囲は,共通テキストにおける第1章~第6章とする。 定期試験で実施される共通試験が,評価の50%となる。 共通試験範囲は第2章~第6章とするが,第3章を除く。 なお,講義範囲が共通試験範囲を超える部分の扱いについては各担当教員のシラバスに従う。また,マクロ経済学Ⅱの履修はマクロ経済学Ⅰの単位取得を前提としている。高校までの数学の基礎知識の予習復習を強く勧める。

授業計画
  • 第1回 イントロダクション
  • 第2回 GDPとは何か(1)
  • 第3回 GDPとは何か(2)
  • 第4回 GDPとは何か(3)
  • 第5回 GDPとは何か(4)
  • 第6回 問題演習(1)
  • 第7回 小テスト(1)
  • 第8回 金利
  • 第9回 有効需要と企業の生産活動
  • 第10回 消費関数
  • 第11回 投資関数
  • 第12回 乗数効果
  • 第13回 問題演習(2)
  • 第14回 小テスト(2)
  • 第15回 貨幣とは何か
  • 第16回 貨幣需要
  • 第17回 中央銀行
  • 第18回 公開市場操作
  • 第19回 政府の役割と財政の現状
  • 第20回 公共事業と減税
  • 第21回 問題演習(3)
  • 第22回 小テスト(3)
  • 第23回 LM曲線の導出
  • 第24回 IS曲線の導出
  • 第25回 金融政策の効果
  • 第26回 ポリシーミックスの効果
  • 第27回 流動性の罠
  • 第28回 問題演習(4)
  • 第29回 小テスト(4)
  • 第30回 問題演習(5)
評価方法
種類 割合
定期試験 60%
小テスト 40%
評価の特記事項

定期試験(60分)で、共通試験と個別試験が同時に実施されます。成績評価については、50%は共通試験,残り50%は定期試験での個別試験及び各教員の配点とします。

テキスト

中谷巌『入門マクロ経済学』第5版 日本評論社

参考文献

グレゴリー・マンキュー『マンキューマクロ経済学Ⅰ入門編』,足立・地主・中谷・柳川訳,第4版,東洋経済新報社

授業形式 講義形式
オフィスアワー(授業相談) 授業中、授業後に質問を受け付けます。それ以外の時間に、質問、相談をしたい場合には、事前にメールにてアポイントを取ってください。
事前学習の内容など,学生へのメッセージ マクロ経済学は、新聞やテレビで見るニュースの理論的バックボーンを説明してくれます(例えば、中央銀行が金利を下げると何が起こるのか、なぜ政府は景気が悪くなると財政支出を拡大するのか、貿易赤字はなぜ発生するのか)。現実の社会で起こっていることに興味を持ってください。
レビュー
レビューを書く・見るためには会員登録が必要です。

レビューを書く・もっと見る

人気授業
この授業と近い条件の授業