講義開講時期 曜日・時限 単位 担当者名 シラバス
通年 木 3限 4 朴 孝淑 シラバスを見る
授業の目標

本講義では、まず、労働関係の終了、派遣切りや偽装請負等、労働の現場で直面するであろう様々な問題を切り口に、個別的労働関係法について学ぶ。そして、現在では個別的関係がメインと捉えられがちであるが、労働者の集団(労働組合)と使用者との関係を規律する「集団的労使関係法」を学ぶことで、交渉力の不均衡を補うための仕組みが今なお重要な意味を持つことについて考える機会を得る。

授業概要

本講義は、現代日本における労働法の基礎的な知識を習得し、労働問題の法的な背景の理解を得ること、日本の雇用社会への法政策的な視点を得ることをねらいとする。

授業計画
  • 第1回 イントロダクション:労働法とは
  • 第2回 労働関係の当事者(労働者・使用者)と基本的権利義務
  • 第3回 労働条件の決定(1)
  • 第4回 労働条件の決定(2)
  • 第5回 労働契約の成立(募集、採用内定、採用、試用)
  • 第6回 人事(1)
  • 第7回 人事(2)
  • 第8回 賃金(1)
  • 第9回 賃金(2)
  • 第10回 労働時間・休憩・休日
  • 第11回 休暇・休業
  • 第12回 差別禁止・均等・均衡取扱いの法ルール(1)
  • 第13回 差別禁止・均等・均衡取扱いの法ルール(2)
  • 第14回 安全衛生・労働災害
  • 第15回 理解度の確認
  • 第16回 イントロダクション&労働契約の終了(1):合意解約・辞職
  • 第17回 労働契約の終了(2):懲戒・解雇(整理解雇)
  • 第18回 労働契約の終了(3):退職・定年
  • 第19回 非典型雇用(1):有期労働契約
  • 第20回 非典型雇用(2):パートタイム労働
  • 第21回 非典型雇用(3):労働者派遣
  • 第22回 労働組合・不当労働行為
  • 第23回 労働組合・不当労働行為
  • 第24回 団体交渉・労働協約・団体行動(1)
  • 第25回 団体交渉・労働協約・団体行動(2)
  • 第26回 団体交渉・労働協約・団体行動(3)
  • 第27回 日本の労働紛争処理システム(1)
  • 第28回 日本の労働紛争処理システム(2)
  • 第29回 労働市場法:求職者と求人者との取引に関する法
  • 第30回 理解度の確認
評価方法
種類 割合
定期試験 70%
小テスト 15%
授業への参画度 15%
評価の特記事項

・出席日数が明らかに2/3より低い場合には、単位取得を認めない。 ・試験は、持ち込み不可とする。

テキスト

小畑史子、緒方桂子、竹内(奥野)寿著『労働法〔第2版〕』(有斐閣ストゥディア)(※テキストは最新版をご用意ください。)

参考文献

・荒木尚志『労働法〔第3版〕』(有斐閣、2016年) ・その他、講義中に適宜指示します。

授業形式 ・通常は講義形式で行うが、場合によってはグループワークを行います。 ・シラバスの内容は予定であり、進行状況により変更する可能性がある。
オフィスアワー(授業相談) 本授業終了後(講師室にて30分間は対応しています。)、又は、授業内で配布した指定アドレスに連絡してください。回答は次回授業後とします。
事前学習の内容など,学生へのメッセージ ・指定の教科書および参考資料(レジュメ)を活用して、予習と復習を行ってください。 ・遅刻・途中退去・私語・携帯電話の使用等、他の学生の受講の妨げになる行為を禁止する。
レビュー
レビューを書く・見るためには会員登録が必要です。

レビューを書く・もっと見る

人気授業
この授業と近い条件の授業